塾を作ろうと思ったきっかけ

みなさんこんにちは。最近塾を作る活動をしているちゃおべんです。

現在塾で講師として働いてくれる人を募集しているのですが

応募しようとしてくれてる人からの質問で

  • なぜ塾を作ろうと思ったんですか?
  • どのような塾ですか?
  • 理念を教えてください

といった内容が多かったので、塾を作ることになったきっかけと、そこから今に至るまでを説明する形で、答えとさせていただきたいと思います。

↓塾のホームページです。

学習塾MANAVIVA|東広島市西条|東広島市の学習塾・プログラミング教室

東広島の塾MANAVIVAからのお知らせ お知らせ一覧へ 東広島の塾MANAVIVAのキャンペーン情報 東広島西条の学習…

子どもたちにITに興味を持ってもらいたい

僕は2018年の4月に広島大学情報科学部の1期生として入学しました。

入学した理由は

  • 情報技術に興味があったから
  • 1期生っていうのが新しい感じがして面白そうだと思ったから
  • 広島に住んでいるから

この3点です。もうちょっと深い理由があっても良さそうなものですが、第一志望は東工大で、広大は後期で受けたのでまあそんなもんです。

でも1番目の情報技術に興味があるっていうのは本当で、中学生の頃からパソコンを始めとした機械類(いわゆるガジェット)が好きでしたし、高校では放送部に所属して動画編集とかもしてました。

プログラミングはできなかったのですが、それに近い内容としては、HTMLやCSS(ホームページを作る言語)を高校の頃から学習していました。

なぜ情報技術が好きなのかというと、自分が作りたいと思うものは大抵パソコンで作れるからです。

ホームページも音楽も映像も本もイラストアプリもぜーんぶパソコンで作れちゃうわけです。

もちろんパソコンがあれば良いわけではなくてそれに応じた能力も必要ですが…

まあそんなわけで何でも作れるパソコンが中学生のころから大好きでしたし、将来もIT系の仕事をしたいと思ってました。今も思ってます。

そして僕を大きく動かしてきたITの魅力を多くの子供たちに知ってもらいたい。そういう気持ちから、「子どもたちにプログラミングを始めとしたさまざまな技術を教えたい」と思いました。

そして僕はいつからかプログラミング教室を作りたいなと思ってました。

株式会社リ・ベルティとの出会い

大学入って1ヶ月後の5月のこと。僕はそろそろバイトを始めようと思いました。

僕はバイトも自分の興味に関連することがしたいと思ってました。

一番やりたかったのは家電量販店の販売スタッフで、お客さんにパソコンとかの説明がしたかったです。

ですが家電量販店の求人はあまり見つからず、見つかっても大学生向けではなかったりするのであきらめました。

で、僕が応募したアルバイトが、携帯電話のイベントスタッフです。広島大学のバイト募集のページから応募しました。

これはパソコンでこそないですが、スマホについてお客さんに説明するバイトなので、メチャメチャ楽しいわけです。

スマホも小さなパソコンのようなものですしね。

で、そのバイト先なんですが、携帯電話のイベントスタッフって大体はお店が雇っているわけではなくてイベントスタッフ専門の会社が雇っているわけですね。

僕のバイト先は、株式会社リ・ベルティという会社です。

ちなみにこのホームページ僕が作りました。

社長に自分の夢を話す

大学1年生の10月にバイト先の社長とご飯を食べる機会がありました。

社長とご飯を食べると言っても小さな会社ですのでそこまでこう大イベント!って感じではないです。

で、そこで将来の夢の話になって、「プログラミング教室を作りたい」という僕の夢を話しました。

そしたら社長は「ウチの会社でやりなよ!」的なニュアンスのことを言ってくれたんです。

学生起業の大半は失敗します。だからといって大学出てすぐに起業するのもリスキーです。でもしばらく企業のもとで働いて経験や人脈を手に入れてから起業するほど待ってられません。

2020年に小学校でのプログラミング教育が必修化されるのにともなって保護者の方のプログラミングに対する興味が集まることは目に見えてたのでそれに乗り遅れたくなかったんです。

そんな僕にとって社長の提案は魅力的でしたし、今でも奇跡だと思ってます。

だってこんなバイト先他にあります?笑

プログラミングだけではなく学習塾としても

話を進めるうちに、プログラミング教室だけでなく、学習塾としての機能も持たせよう!っていう方向になりました。

建物を借りるとして毎日プログラミングをやるのも中々難しいです。それだけの生徒数や講師の数を揃えないといけないわけですから。

だから学習塾兼プログラミング教室にすることで、借りた場所を最大限活かしていこうという話に。

実は僕は家庭教師のバイトもしていて、勉強を教えることが好きでした。

また、他の講師の方と比べて分かりやすく教える自信もあり、実際に今の生徒さんにはありがたい事に好評いただいております

ですので僕としてもこうした方が自分の能力を活かせるのではないかと。

仲間が集まる

僕はバイト先に知り合いを勧誘し、携帯ショップのイベントスタッフのバイトをやってもらってました。

その中で、塾の話に興味を持ってくれそうな人に協力してもらい、一緒に塾の企画をしていくことに。

最初に集まったのが3人であとからもう1人加わって、現在僕を含めて大学生の運営メンバーは5人です。

それに社長ともう1人専務の方がいて、合わせて7人で話を進めていってます。

また、運営に興味を持ってくださっている方もいるので、今後増えるかもしれません。

名前や場所が決まる

徐々に塾の土台が出来上がってきました。

名前は「MANAVIVA(マナビバ)」場所は賀茂高校前。

MANAVIVAという名前は「学び場」と「VIVA(万歳)」を掛け合わせて作られています。

MANAVIVA
名前とロゴ。僕が作りました

僕が塾でやりたいこと

僕がどのような塾にしたいと思っているのかを説明します。会社や他の運営メンバーとの話し合いで決める部分もあり、この記事を書いている時点ではまだ決定事項ではないのであくまでも僕がやりたいことです。

楽しく学べる塾にしたい

人間は自分にとって必要なことには快楽を感じるように作られています。食べ物を「おいしい」と感じるのもその一つですよね。

にもかかわらず、勉強に関しては現代人にとって必要な行為であるのにもかかわらずほぼ全員が嫌いです。受験生は勉強に多大な時間を使います。折角だったら楽しく勉強できた方が良いですよね。また、楽しく勉強できた方が学習効果が圧倒的に高いです。

ゲームのキャラクターはいくらでも覚えられるのに英単語は覚えられないといった経験がある人も多いと思います。楽しいと感じることの方が、それに取り組んでいる時間以外でも何度も呼び覚ますため記憶に定着しやすいそうです。

だから楽しく学べる塾にしたいなと。MANAVIVAのVIVAにはそのような意味合いが込められています。

どうやって「楽しい」を作るかというというと、

  • 先生と生徒のコミュニケーションを大切にする
  • 詰め込み型の学習をさせない
  • 達成感を喚起する

この3つを実践していきたいと思っています。詳しくはまたどこかで説明します。

自由な学びを応援したい

受験生の勉強時間のほとんどは自習の時間です。つまり、自分で勉強する時間。

自分で自由に勉強できる時間なのにもかかわらず、塾の自習室ではみんな机に向かってひたすら問題集を解いています。

そのような学習方法を否定するわけではないですが、学習方法はもっと多様であっていいはずです。

例えばスマホ。近年では高校生の9割以上がスマホを持っています。スマホを学習に巻き込んでいけばもっと高い学習効果が得られるのではないでしょうか。

実際にアプリストアを見ると勉強に役立つ様々なアプリが配信されています。

あと僕が進めていきたいのが耳で勉強する学習。要は音声教材です。

僕が思うに、耳から学習するのが一番負担が少ないのではないかと。だって寝っ転がって目をつぶりながらでも勉強できるわけですから。また、人間は歌に乗せるとすぐに覚えることから学習効果的にも結構高いのではないかと考えます。

どのような音声教材を作っていくかはまた詳しく説明します。

ここまで二つの例をあげましたが、こうやって従来の形式にとらわれない学習方法を促進していきたいと思っております。

また、「ホームページに新しいカタチの塾と書かれているが、どのように新しいのかわからない」といったご意見がありましたが、これが一つの答えになると思います。

超絶ホワイトな労働環境を作りたい

僕は大学生です。今まで様々なバイトをしてきました。

中には平気でサービス残業をさせるような「ブラック」なバイト先もあったりしました。

もちろん働く側としてはホワイトな労働環境の方が良いですよね。でも完全にホワイトなバイト先ってなかなかないと思うんです。

ないなら作ればいい!!っていうのを今僕は実践できる状況にあります。

だからやってみたいんです。超絶ホワイトなバイト先づくり。やるからには徹底的にやります。

労働基準法の順守はもちろん、「働きやすい」と感じられるような環境づくりをしていきたいと思っています。

また、講師の方に給料以外の価値も提供していけたらなと思っています。

元々僕は「サークルをやるんだったらバイトした方が良い」という考え方を持っている人間です。なぜかというと、サークルと同じように、友達ができて様々な経験ができる上に、お金ももらえるからです。

だから、サークルのようにみんなで楽しく色々な経験を積める労働環境を作りたいなと思っています。

そうすることでより多くの人に講師として力を貸していただけると確信しております。

将来について考えてもらいたい

僕は自分の将来について真剣に考えている受験生が少なすぎると思っています。将来の夢を聞いても「特にない」って答える人がものすごく多い。

これって本来おかしいことだと思うんです。だって受験ってあくまでも自分がしたいことをするための手段じゃないですか。だから、自分が将来したいことを早いうちに見つけてほしいんです。

そのひとつにプログラミングを始めとした情報教育があります。ちょっとでも世界を広げてあげることで、自分が何をしたいのか見つけるきっかけになると思うんです。

 


あとここに書いているのはあくまでも僕がやりたいことであって、塾としてやると決定していることではないのでご注意ください。

今後について

今後についてですが、MANAVIVAの11月のオープンに向けて急ピッチで準備を進めていきます。教材や指導内容、塾のシステムなど決めていかないといけないことがたくさんあります。あとは塾の内装とかも作っていかないといけません。

決まったことはtwitterで、できるだけ早く皆様にお伝えしようと思います。

 

あと、バイト募集に関してですが、

こちらに詳細が載っています。ご興味のある方は応募フォームよりご応募ください。

10月に説明会と面接を実施予定です。詳細が決まり次第ご連絡させていただきます。

 

最後にこのブログを見てくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。