Base Ball Bear 「いまは僕の目を見て」について個人的考察

こんにちは。ちゃおべんです。

 

さあ、今回は僕の好きなバンド、Base Ball Bearのニューアルバム「Grape」より、「いまは僕の目を見て」についての個人的考察を書いていこうと思います。

聴いたことがないって方はYouTubeのMVを貼っておくので聴いてみてくださいね

「いまは僕の目を見て」についての考察

さて、この曲についてですが、要約すると、「恋愛感情を言葉で伝えきれないことを具体例に言葉の不完全さを歌った曲」だと思います。また、Grapeは秋をテーマにしていて、この曲の中でも秋を連想させるワードが使われています。

最初聴いたとき、僕はこの曲を片想いラブソングだと解釈しました。実際にそうだと思います。

ただ、LINE LIVEで小出さん(ボーカル)がこの曲を「コミュニケーションの曲」と説明していたのを聞いて、他にも隠されたメッセージがあるのではないかと考えました。

まず、サビを見ていきたいと思います。(あんまり引用しすぎると著作権侵害になるので引用の範囲内で…)

君を美しいと感じた。

そのときにそのまま伝えたら、なんて思われるだろう。

臆病になってしまう。

Base Ball Bear 「いまは僕の目を見て」

この歌詞を見ると、「美しいと思う女性がいて、告白したいけどフられるのが怖い」

という意味に聞こえますし、実際にそういう意味もあると思います。

ただ、それだけではないと思います。

この曲はBase Ball Bearの曲ではおなじみなのですが、2つ以上の意味を持つ、いわゆるダブルミーニングの曲だと考えます。

それで、もう一つの意味は「美しいと思う女性に対して、それを伝えたいけど言葉では伝えきれなくて、言葉にしたら実際の自分の気持ちとは異なったものが伝わってしまいそうで怖い」

さらに、「人間は他の人に何かを伝えるために言葉を使うけど、言いたいことと、相手に伝わることを完全に一致させるのはとても難しい」というメッセージが隠されていると思います。

ここで、歌い出しを見てみましょう。

言葉は穴の空いた軽い砂袋さ

Base Ball Bear 「いまは僕の目を見て」

ここに言葉に対しての小出さん(ボーカル)の指摘が入っていると思います。

穴の空いた砂袋を誰かに渡そうとしたら渡すまでにこぼれてしまいますよね。

しかも砂袋って普通重いのに、軽いなんて書いちゃってるわけだから相当こぼれてますね。

言葉も同様で、自分が伝えたいことを相手に劣化なく伝えることは難しいということだと思います。

しかし、この曲は言葉の不完全さに対して嘆いたり批判したりするのではなく、ポジティブに捉えていると思います。その根拠が2番のAメロ

心と心つなぐケーブルがあるなら

この悩みはなくなって

ただ喜びも失せてく

Base Ball Bear 「いまは僕の目を見て」

もしも自分の気持ちをケーブルを使ってデータを転送するように劣化なく届けることができれば、この悩みはなくなるけど喜びも消えるよね。っていう意味でしょう。

だからたとえ不完全であっても言葉で伝えるのは楽しいということではないでしょうか。

でもなんで楽しいんでしょうか。ちょっと考えてみました。

Base Ball Bear自体も歌という形でさまざまなことを言葉で伝えていますよね。

でも言葉は不完全だから時には自分が言いたかったことと違う形で伝わってしまうこともあります。

また、あえて複数の意味を入れたり曖昧にしていろんな解釈が出るようにしてみたり。特にベボベは多いですよね。

それを「こういうことなのかな?」「いや、こうなんじゃない?」って考えるのも楽しいですよね。

また、自分の中でよくあることなのですが、1度聴いた曲を数年後にもう1度聴いたら違った意味に聴こえた。っていうこと。みなさんもありませんか?

それも言葉の不完全さによってもたらされるものです。

音楽に限らず、小説とかもそうだと思いますが、このようなところに楽しさがあるのではないでしょうか。

もしもアーティストが伝えたいことをデータ化して聴き手の脳に直接送信できたとしたらこのような楽しみ方はできませんよね。

そしてアーティスト側は言葉は不完全で自分が伝えたいことを劣化なく伝えるのは難しいので慎重に言葉を選ばなければなりません。

もしかしたら自分が伝えたいことと真逆の形で捉えられてしまうなんてこともあるわけですから。

言いたいことに対して、適切なキーワードや具体例を探し回るわけです。

そうやって作られた曲ってどこかに温かさがありますよね。

世の中にはとりあえず売れそうな言葉を詰め込んでおいた曲もありますが、ベボベの曲はそういった曲とは一線を画します。

Base Ball Bearの曲は丁寧にラッピングされたお菓子のように、繊細なものが感じられます。

あ、菓子と歌詞をかけてるんですよ(笑)

僕はそのようなBase Ball Bearの歌詞が大好きですし、小出さんやBase Ball Bearのメンバーも「あーでもない、こーでもない」って悩みながらも楽しんで作っていたらいいなーと思ってます。

曲名についての考察

さて、曲名、「いまは僕の目を見て」についての考察です。

曲名だけ見ると、「今まで色々な人と付き合って来たのかもしれないけど、いまは僕と向き合ってください。」っていうニュアンスに感じます。

そのような意味合いもあると思います。

Base Ball Bearの「初恋」にはこんな歌詞があります。

何回も恋した

同じくらいのサヨナラもした

だけど僕は今君が好きだ

Base Ball Bear 「初恋」

とても素敵な歌詞ですよね。

この「いまは僕の目を見て」にもそういった意味が込められているのではないでしょうか。立場は逆ですが。

ここで、曲のなかで「いまは僕の目を見て」と出てくるところを見てみます。

これまで生きてきたこと

僕を形作ってきたことも

分からなくたっていいから

いまは僕の目を見て

人間の価値観や考え方は今まで人生で経験してきたことで構成されます。

それをお互いに交換し合ってアップデートしていくのがコミュニケーションだと思うのです。

ただ、コミュニケーションは不完全な「言葉」を通じて行われるものなので、時にうまく伝わらないこともあります。

それでもいいからいまは話を聞いてください。っていうのが「いまは僕の目を見て」のもう一つの意味なのではないでしょうか。

小出さんがこの曲を「コミュニケーションの曲」って言っていた意味がちょっとわかった気がします。

僕の推測の部分もあるので皆さんの意見をお待ちしております。

是非コメント欄に書き込んでください!