【2019年版】サークルのホームページを簡単作成できる4つのツール

大学のサークルにホームページはあった方が良い!?

大学で新しくサークルを作る人にとって重要なのが、どのように人を集めるかです。

最近ではtwitterやInstagramなどのSNSを活用して周知活動を行うサークルも見られますが、やはりホームページの作成も同時に行った方が良いといえるでしょう。

実際に、大学のサークルの約3分の2がホームページを持っています。

サークルのホームページがあることのメリット

サークルのホームページを作ることのメリットは以下です。

より詳しい情報を掲載できる。

SNSで詳細な情報を掲載するのはなかなか難しいです。例えばtwitterだと、1つの投稿で記入できる文字数は140字までとなっており、それを超える内容の場合、複数に投稿を分けなくてはなりません。ホームページは詳細な情報の掲載に向いているメディアなので、SNSで概要を説明し、ホームページで詳細を説明するというスタイルの方が良いでしょう。

団体としての信頼性が上がる

ホームページがあった方が、団体として立派に見えます。たとえ構成員が数人しかいない小規模なサークルだとしても、ちゃんとしたホームページがあれば大規模なサークルに見えるという現象も起こります。

より多くの人に知ってもらえる

ホームページを作ることで、検索エンジンからの集客を狙えます。これにより、大学生だけでなく、これから大学に入ろうと検討している高校生など、様々な層にサークルの存在を知ってもらえます。

ホームページ作成にはお金がかかる?

ホームページ作成は無料でも可能

ホームページ制作の会社に依頼すれば数万円~数十万円というお金を取られますが、ネット上で自分で簡単に作れるツールを使って制作を行えば、費用は無料で済みます。

実際に、ホームページを持っているサークルのほとんどはこのようなツールを使って制作を行っています。

サークル向け簡単ホームページ作成ツール4選

それでは専門知識のない初心者の学生さんでも簡単にサークルのホームページを作ることが出来るツールを4つ紹介していきます。

また、ここでの評価はあくまでもサークルのホームページ作成の観点から見た評価ですのでご了承ください。

【管理人おすすめ】ペライチ

個人的に一番おすすめなのが「ペライチ 」です。

ペライチとは、1ページ完結型のホームページを作れるサービスです。

HTMLやCSSなどの専門知識不要で誰でも簡単に作ることが出来ます

また、スマホからもホームページの作成を行うことが出来るのもメリットです。

洗練された50を超えるテンプレートから自分に合ったものを選んで作ることが出来るので、サイトの見た目の非常に美しくなります。

また、SEOにも強く、検索結果でも上位に表示されやすいため、サークルについてより多くの人に知ってもらうことが可能です。

SNSとの連携もできるので、twitterやInstagramのアカウントを持っているサークルの方にピッタリです。

もちろん無料で作ることが出来ます。

簡単に作ることが出来ますが、その一方で仕上がりは本格的で、大手企業や有名人の公式サイトにも利用されています。

(例)メンタリストDaiGoさん   http://daigo.jp

このように、とても簡単に作れたとは思えないほど本格的に仕上がります。

 

1分で登録できるので是非使ってみてください。

【本格的なホームページを作りたい人向け】Jimdo

Jimdo(ジンドゥー )は、KDDIが運営するホームページ制作サービスです。

サイトのパーツ単位で調整できるので、本格的な仕上がりになります。

有料プランを利用すれば、独自ドメインの取得や、検索エンジンへの最適化も行うことが出来ます。

また、操作や活用方法でわからないことがあれば、全国に約60箇所あるJimdoCafeに相談可能なのも面白いポイントです。

ただ、初めての人だと、操作に戸惑うケースが多いのがデメリットです。

手間をかけてでも本格的な仕上がりにしたいサークルにおすすめです。

 

【定番】WIX(ウィックス)

専門知識不要で本格的なホームページを作成できるサービスで普及率が高いのがWIXです。こちらもJimdoと同じくパーツ単位でカスタマイズできるので自分の思った通りのホームページを作りやすいです。

ハッキリ言って操作は少し難しいですが、ほかのサークルでWIXを使っているサークルがあれば、使い方を教えてもらうなんてこともできるかもしれません。

デメリットは、完成までに時間がかかってしまうことです。

wix

【超本格的】WordPress

最後にホームページ制作のプロも使う超本格的なツールを紹介します。

WordPressは世界の3分の1のホームページを作るのにつかわれているツールで、これまで紹介したツールのように、専門知識不要でテンプレートから作ることもできますが、後からHTMLやCSSでカスタマイズすることも可能です。

そのため、本当に何でもアリです。

この「ちゃおべんニュース」もWordPressを使って作られています。

ただし、WordPressを使えるようにするまでの手順が複雑で、パソコンがある程度できる人でも難しいです。

また、サーバーが必要になるので、大学のサーバーの使い方がわからないor使えない場合はサーバー代を払わなければいけなくなります。(月300円~1000円程度)

やるからには超本格的なものを作りたいというサークルの方におススメです。

まとめ

今回ご紹介した4つのツールに関して、表にまとめてみました。

ペライチ

JimdoWIXWordPress
初心者向け×
機能性(無料プランの場合)
デザイン性
カスタマイズ性
作成時間の短さ×
SEO(検索上位への表示されやすさ)

このような感じになっております。それぞれ得意不得意がありますが、サークルのホームページ作成に関しては総合的にはペライチが優れていると言えます。

以上から、これからサークルのホームページを作ろうと考えている方は、とりあえずペライチ でホームページを作ってみるのがおすすめです。

ホームページを作ってより充実したサークル活動を楽しみましょう!!

↓ペライチの無料登録はこちらから

 

良かったら他の記事も見ていってください!