【日本終了】モンスターエナジー500ml発売

緊急速報

みなさんこんにちは!モンスターエナジー大好きちゃおべんです。さて、みなさん、知ってますか?

500mlのモンスターエナジーが発売されるらしいですよ!!!

新発売の500mlモンスターエナジー
新発売の500mlモンスターエナジー

500mlってことは500mlのペットボトル飲料と同じ量です。そりゃそうか。

7月30日より、全国のコンビニエンスストア限定で発売されます。そして日本限定です。限定って聞くとワクワクするよね(?)

500mlはどのくらいやばいのか

モンスターエナジーといえばカフェイン!もちろん他にもいろいろな成分が含まれていますが、眠気覚ましにモンエナを飲む人にとってカフェインがメインだと思います。

モンスターエナジーは100mlあたり40mgのカフェインが含まれています。

通常のモンスターエナジーは350mlなので、140mgのカフェインが含まれています。

それに対し、500mlのモンエナとなると、200mgのカフェインが含まれることになります。

ちょっと気になる記事があったので引用しますが、

欧州食品安全機関(EFSA)によると、健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量を以下のように提言しています。
・1日当たりカフェイン400mg未満
・1回あたりカフェイン200mg未満

https://www.cocokarafine.co.jp/f/dsf_howto201901013156y

この記事からいえることは1回でカフェインを200mg以上とると健康に影響が出る可能性があるということです。

実際に、日本の医薬品において、カフェインは1回の摂取量が200mg未満になるように規制されています。

大げさに言うと、薬よりも危険な飲み物ってことです。

大げさすぎますね。

まあ200mgぴったりでそこまで害はないと思いますが、これに加えてコーヒーとか飲んでしまうとまずいかもしれません。

何本も飲むと最悪の場合死に至る可能性

海外では700mlのモンスターを1日に2本飲んだ14歳の少女がなくなった事例なんかもあります。

700mlを2本ですよ。500ml3本の方が多いんですよ!

カフェインへの耐性は個人差があるので一概には言えませんが、複数本飲むとカフェイン中毒、最悪の場合死に至る可能性があります。

じゃあどうすればよいのでしょうか。

350mlと違い、キャップがあるのはなぜ?

ここで350mlのモンエナと500mlのモンエナを比べてみましょう。

350mlのモンエナ
350mlのモンエナ
新発売の500mlのモンエナ
新発売の500mlのモンエナ

そう。350mlのモンエナと違い、500mlのモンスターエナジーはキャップがあります。これはどういうことかっていうと、おそらくですが、

「一気に飲むな!!!」

ということなんだと思います。

まあ普通に便利ですよね。普段350mlのモンエナを飲むときなんかも「なんでキャップないの!?」みたいに思ったことがあります。

というかなんでエナジードリンクってみんなキャップがないんでしょう?

レッドブルもセットポジションもRAIZINも最近発売されたコカ・コーラエナジーだって・・・

みんなして僕をいじめてきます。そんなときに僕の目の前に現れたのが今回の500mlモンエナです。

500mlのモンスターエナジー
新発売の500mlモンスターエナジー
僕はキャップがついてるよ!さあ僕を買うんだ!税込み320円で買えるよ!

え?320円?安くない?

500mlモンスターエナジーのコスパ

通常の350mlモンスターエナジーは税込み205円です。それに対し、今回の500mlのモンスターエナジーは320円です。ちょっと計算してみると、

350mlのモンスターエナジーは1mlあたり約0.59円なのに対し、新発売の500mlのモンスターエナジーは1mlあたり0.64円

あれあれあれ??

そう。1mlあたりの値段で考えれば350mlのモンスターエナジーの方がおトクなのです。

てっきり大容量の方がまとめ買いみたいな感じでおトクなのかなと思ってました。誰やさっき安くないとか言ったの

というわけで500mlのモンスターエナジーのメリットは

  • 大きくてインパクトがある
  • キャップがついている

この2つのみになります。値段の面では350mlの方がおトクです。

学校行っててよかった!

まとめ

  • 500mlのモンスターエナジーが7月30日よりコンビニ限定で発売される
  • 200mgのカフェインが含まれているので注意が必要
  • キャップがついているので一気飲みしなくて済む
  • コスパ的には350mlのモンエナの方がおトク

それではまた!