【2019年完全版】知らないと損!最強おすすめのシャーペン37選!学生必見

こんにちは!ちゃおべんです。小学生から大人まで幅広く使われている筆記用具であるシャーペンに関しての記事です。

謎のロボット
謎のロボット
シャーペンを買いに文房具屋に来たけど種類が多すぎてどれが良いのか分からないよ・・・・
ちゃおべん
ちょうどよかった!今回は数あるシャーペンの中から特におすすめのものを37個紹介していくよ!定番のものから2019年最新のものまで様々なシャーペンを実際に使ってきた僕がその中でもおすすめのシャーペンです。
ちゃおべん
受験生の方、必見です!
この記事でわかること
1⃣シャーペン選びのポイントがわかる
2⃣チェックしておくべきシャーペン37個がわかる
3⃣37個の中でも特におすすめの4個がわかる
4⃣おすすめのシャープ芯がわかる

 

目次

【必読】シャーペン選びのポイント

さて、これから合計で37個のシャーペンを紹介していきます。

ちゃおべん
37個は多いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、人によって合うシャーペンは違うため、幅広い観点から紹介する必要があります。

今回紹介するシャーペンの中から、自分に合ったものの選び方について説明していきます。

「そんなことよりおすすめのシャーペン教えろよ!」って方は以下のボタンから本題へどうぞ!

自分に合った芯の太さ

ご存じの通り、シャーペンには複数の芯の太さがあります。最も一般的なのが0.5ミリ、次に多いのが0.3ミリ、他にも0.2ミリや0.7ミリなど様々な太さがあります。これらの中から自分に合った太さを選びましょう。

ちゃおべん
目的によって太さを分けるのもアリというか非常におすすめです。

迷ったら0.5ミリ

「自分に合った太さがわからない」という方はとりあえず0.5ミリを選んでおきましょう。現在日本では0.5ミリが最も普及していますが、それは多くの日本人が0.5ミリを使いやすいと感じるからです。

また、芯の価格も安いため、余分なコストもかからずに済みます。

様々なメリットがある0.3ミリ

0.3ミリには様々なメリットがあります。

  • 少ない力で書けるため疲れにくい
  • 書いた線が細いので、小さい文字を書くのに向いている
  • ペン先のコントロールがしやすいのできれいな文字が書ける

主にこの3つだと思います。個人的には受験生などの長時間勉強する人は0.3ミリのシャーペンがあっていると思います。

ただし、

  • 芯の値段が高い
  • 比較的折れやすい

等のデメリットがあるので注意です。

最も細い0.2ミリ

0.3ミリでも十分細いですが、さらに細い0.2ミリも存在します。

0.2ミリは先ほど書いた0.3ミリのメリットとデメリットをそのまま増幅させたようなものになっています。

ちょっと太めの0.7ミリ

日本ではあまり使われていませんが、0.7ミリのシャーペンも存在します。

意外かもしれませんが、海外では0.7ミリがもっとも一般的なようです。

0.7ミリのメリットは

  • 折れにくい
  • 書き心地が良い

等があります。その代わり線が太いので文字がつぶれてしまう場合もあります。

謎のロボット
謎のロボット
お気に入りのシャーペンは複数の太さのものを持ってみるのも◎

グリップのタイプ

シャーペン選びにおいてグリップも重要な要素になります。

グリップとは、シャーペンの持つところです。

グリップには大きく分けてソフトグリップとハードグリップがあります

その違いとメリットについて説明していきます。

柔らかくて疲れにくいソフトグリップ

ソフトグリップは柔らかい素材でできています。そのため手にフィットするので疲れにくい傾向にあります。

そのため、長時間使う人に関してはソフトグリップの方がおすすめです。

安定した筆記ができるハードグリップ

ハードグリップは固い素材でできているため、ペン先のコントロールがしやすいです。

そのため、きれいな文字を書きたい人はハードグリップの方がおすすめです。

ちゃおべん
個人的にはハードグリップ派です。

重さや重心

シャーペンには重いものもあれば、軽いものもあります。また、「低重心設計」と書かれているものなど、重さは同じでも、重心の位置が違ったりもします。その違いについて説明していきます。

軽いシャーペン

プラスチックなどでできている軽いシャーペンは、ペンを動かす力が少なくて済むため、長時間の使用でも疲れにくいです。

また、素早く動かせるため、速く書くことができます

世の中に出回っているシャーペンはどちらかというと軽量なものの方が多く、万人向けと言うことが出来ます。

重いシャーペン

重いシャーペンは、安定感があり、ペン自体の重さがかかるため、なめらかな筆記がしやすいです。

また、低重心設計のシャーペンも存在しますが、それらはペン先のコントロールがしやすいため、きれいに文字を書くことができます。

重いシャーペンは金属製のものも多いこともあってか、お値段も比較的高いものが多いです。

意外と盲点!消しゴム

謎のロボット
謎のロボット
え、シャーペンの裏に消しゴムがついている!?珍しいな
ちゃおべん
いや普通ついているでしょwww

シャーペンには必ずと言ってもいいほど小さな消しゴムがついていますよね。

あなたはこの消しゴム、使う派ですか?使わない派ですか?

多分使わないって人の方が多いのではないでしょうか。本当に小さいためすぐになくなってしまいますもんね。

しかし、中には消しゴムが少し大きめのものもあるため、書くのと消すのを1本のペンで実現することも可能です。

シャーペンを選ぶときは消しゴムの大きさにも注目しましょう。

 

【本題】知らないと後悔する2019年最新おすすめのシャーペン37選

さて、本題に入ります。今回は5つのテーマに分けて合計で37個シャーペンを紹介していきます。

時間がない人は記事後半で特におすすめのシャーペンを4つに絞っているのでそちらをご覧ください。

以下のボタンからご覧いただけます。

ちゃおべん
中には文房具屋には中々置いていないものも紹介するので、文房具屋で買えない場合はネットでの購入をおすすめします。
謎のロボット
謎のロボット
文房具屋にあるシャーペンも、ネットの方がお得に買える場合も多いので、値段を比較してみるのもいいね
以下のテーマで合計37個シャーペンを紹介します。

1本は持っておきたい定番のシャーペン3選

ちゃおべん
まずは、多くの人に使われている定番のシャーペンを紹介していきます。
ちゃおべん
すでに知っているものも多いとは思いますが、やはり多くの人に使われているのには理由があるのでもう一度見直してみましょう。

①定番中の定番!クルトガ(三菱鉛筆)

クルトガ
一般的なシャーペンは、芯のとがった部分で書くために、何度もペンを持ち替える必要があります。

もうこれは知らない人はいないというレベルで有名なシャーペンです。

しかし、このクルトガのすごいところは、芯が自動で回ってくれるため、持ち替える必要がありません。

常にとがった状態で筆記できるので、とても快適に勉強できますよ!

謎のロボット
謎のロボット
カラーラインナップも豊富で限定品やコラボもあるからコレクションしてみるのもいいな
芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

②芯が折れにくい!デルガード(ZEBRA)

デルガード
でも、太い芯のシャーペンは嫌。
シャーペンを使う上で多くの人が持つ悩みが、「芯が折れること」。

そんなひとにおススメなのがデルガードです。

芯が折れる前にガードが出てきて、折れるのを防止してくれます。

ちゃおべん
始めてデルガードを触ったとき、その画期的な仕組みに感動しました。知らない人は是非文房具屋で見てみましょう!
芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

③ソフトグリップの代表格!ドクターグリップ(PILOT)

ドクターグリップ
また、振るだけで芯が出る「フレフレ機能」もついていて、さりげなく便利です。
1991年に発売されてから圧倒的な人気を誇るドクターグリップ。その魅力は何と言っても握り心地の良いグリップ。グリップの部分だけを他のシャーペンに付け替える人もいるほどで、その価値は唯一無二です。

芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップソフトグリップ
消しゴム小さい

ワンランク上の書き心地!本格派シャーペン4選

高級文房具というほどではありませんがちょっとお高い本格派シャーペンを紹介します。1000円前後で購入できます。

ちゃおべん
いつも使うシャーペンだから折角なので良いものを使いたいですよね。筆箱に1本入れておくだけでモチベーションが上がります!
この価格帯のシャーペンはネットで買ったほうが安いケースがほとんどなので、ネットでのご購入をお勧めします

④製図用シャーペン!グラフギア1000(ぺんてる)

グラフギア1000
一応製図用シャーペンの部類に入るのですが、もちろん一般的な筆記にも使えます。

製図用というだけあって、きれいに線を引くことが出来ます。

そして、個人的な一押しポイントがグリップ。

金属製のグリップから柔らかい素材がポツポツと飛び出ている珍しいグリップになっています。

金属の触り心地と、柔らかさを同時に体感できるので、ものすごく握りやすいです。

また、ペン先が収納できるのも何気に便利。

芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップ特殊
消しゴム小さい


⑤プロ仕様の最高傑作!スマッシュ(ぺんてる)

スマッシュ
またもやぺんてるのシャーペンです(笑)

個人的にはぺんてるの製図用シャーペンはグラフギア1000とこのスマッシュの2強だと思っています。どっちかっていうとグラフギア1000の方が好き。

謎のロボット
謎のロボット
両方とも使って比べて選んでみるわ

グラフギアは製図用なのに対し、スマッシュは製図用の良さを残しつつ、一般向けに作り直したものになっています。

その魅力は隅々までこだわられたプロ仕様です。

Amazonの商品ページを見てみてください!様々な人から大絶賛されています。

芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

⑥デルガードの上位版!デルガード タイプLx(ZEBRA)

 

 

デルガードタイプLx

 

 

謎のロボット
謎のロボット
デルガードは気に入ったけどちょっと安っぽいのがなぁ・・・
確かにデルガードは全体がプラスチックでできているため、軽くて安っぽいです。
そんなあなたに「デルガード タイプLx」
従来のデルガードよりもさらに芯が折れにくいよう改良し、重心を落としているのでペン先のコントロールがしやすく、きれいな文字が書けます。
また、全体的に金属でできているので高級感もあります。
芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

⑦クルトガにラバーグリップが付いた!クルトガラバーグリップ(三菱鉛筆)

 

クルトガラバーグリップ
あの大ヒット商品、クルトガのラバーグリップバージョンです。

ちゃおべん
普通のクルトガは長時間使うと手が痛くなるからラバーグリップは嬉しい!
こっちの方が通常のクルトガよりも高いですが、高級感や重量感、書き心地などすべての面で通常のクルトガを上回っていると思います。
クルトガが気に入っている人はこっちに切り替えてみるとより書きやすくなると思います。
芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップソフトグリップ
消しゴム小さい

超リーズナブル!お買い得シャーペン5選

ちゃおべん
文房具にハマるとついついサブの筆箱を作りたくなりますよね。そんなあなたにおすすめなのが80円~200円程度のシャーペン。

謎のロボット
謎のロボット
安くていいものを探してみよう!
サブの筆箱にはもちろん、全色集めるといった楽しみ方もできる安いシャーペンを紹介していきます。

⑧神コスパシャーペン!クリフター(三菱鉛筆)


クリフター
ちゃおべん
僕が一時期ハマったシャーペンです。値段からは想像の付かない書き心地をしています。コスパで選ぶならこれ!
クリフターはクルトガと同じ三菱鉛筆というメーカーが作っています。言ってみればクルトガの回らないバージョンです。それで100円前後で買えちゃうのですからすごいですよね。一時期僕は「これでいいじゃん!」って思ってたくらいです。これは是非一回使ってみてほしいです。
芯の太さ0.5mm
グリップラバーグリップ
消しゴム小さい
ネットでは品薄になりがちですが、チェックしてみてください!

 

⑨0.3mmの可愛いシャーペン!エアブラン(PILOT)

エアブラン

エアブランはとにかく可愛いシャーペンです。特に色合いが淡い感じの色で女子力(?)

そしてこのエアブランですが、0.3mmなんです。前途の通り0.3mmシャーペンには様々なメリットがあるので一本もっといた方が良いです。

基本0.5mm派の人は200円くらいで買えるのでエアブランを0.3mm専用機にしてもいいかも!

謎のロボット
この値段なら全色そろえるのもアリ!!

芯の太さ0.3mm
グリップラバーグリップ
消しゴム小さい

⑩フレフレ機構付き重量級シャーペン!Opt.(PILOT)

Opt.

ちゃおべん
この値段でこの重量のシャーペンが買えるのはすごい!

Opt.(オプト)というシャーペンです。ピリオドがあるので忘れずに(笑)

安いシャーペンってどうしても素材がプラスチックになっちゃって軽くなっちゃいがちです。軽いのも軽いので良いところがあるのですが、

重いシャーペンにはペン先のコントロールがしやすいなどのメリットがあります。

そんな重いシャーペン派の人でも安くシャーペンを買えます。それがOpt.(オプト)です。

しかもフレフレ機構付きで振るだけで芯が出せるので使い心地抜群です。

謎のロボット
謎のロボット
このシャーペングリップが柔らかくて持ちやすいんだよね
そう、今までグリップが金属やプラスチックやラバーのものを紹介してきましたが、今回のこのOpt.はグリップが結構柔らかいです。
あとホームページによると、クリップ(グリップじゃありませんよ)の部分の耐久性もポイントらしく、なんでも10万回はさんでも壊れないそう。
ちゃおべん
10万回はさむ人なんているのかな?(そういう話じゃない)
芯の太さ0.5mm
グリップソフトグリップ
消しゴム小さい

⑪軽くてソフトグリップ!グラマーソフト(プラチナ万年筆)


グラマーソフト
謎のロボット
なんだこのシャーペン、グリップがめっちゃプニプニしているぞ
ちゃおべん
低価格帯のシャーペンってハードグリップが多いけどソフトグリップが好きな人はこれがおすすめ!
触ったことが無い人は一度触ってみてください!とにかくグリップがプニプニしています。
ちょっとグリップが柔らかすぎるので好き嫌いが分かれるタイプのシャーペンだと思います。
ちなみにこのシャーペン、プラスチックでできていてめっちゃ軽いので書いていて疲れにくいです。
ソフトグリップで軽いシャーペンの中ではおそらく一番安いと思います。
謎のロボット
「プラチナ万年筆」っていうメーカー名もかっこいいよね
ちゃおべん
そこ!?
芯の太さ0.5mm
グリップソフトグリップ
消しゴム小さい

⑫超スタンダードでカッコいい!レックスグリップ(PILOT)

レックスグリップ


安いシャーペンって思いっきりプラスチックで出来ていていかにも「安いですよ!!」って感じがしますよね。

このレックスグリップもプラスチックでできていてまあ安そうな感じもするんですが、そうはいっても見た目がカッコいいです。

書き心地も中々良いです。そして0.3mmのモデルもあるので、エアブランよりも安い0.3mmシャーペンが欲しければ、こちらにしてみるのも良いかもしれません。

謎のロボット
0.3mmでこの価格はありがたい!
芯の太さ0.5mm/0.3mm
グリップラバーグリップ
消しゴム小さい

一人二役!消しゴムの大きなシャーペン3選

ちゃおべん
普通のシャーペンって消しゴムが小さいですよね。普通にバンバン使ってるとすぐになくなってしまいす。そんな中で消しゴムが大きくて消しゴムとしても使える便利なシャーペンを紹介していきます。
謎のロボット
普通のシャーペンの消しゴム使っていると短くなって詰まってしまうんだよね

⑬消しゴムブランドの安心感!モノグラフ(トンボ鉛筆)

モノグラフ

ちゃおべん
皆さんおなじみの消しゴム「MONO」のシャーペンバージョンです。シャーペンに消しゴムがついているというよりは、消しゴムにシャーペンがついている感じ?
謎のロボット
MONOって良く消えるよね。シャーペンの消しゴムがMONOなのはめっちゃありがたい。
消しゴムの大きなシャーペンで僕が一番おススメなのがこのモノグラフ。定番の消しゴムMONOがついていてまあまあ大きいです。
替え消しゴムも普通に売っているので消しゴムとしてバンバン使って大丈夫です。フレフレ機構付きで使いやすさもGood!
あと、0.3mmもあるのがポイントです。
惜しいポイントとしてはペン先をしまうことが出来ないところです。折角消しゴムとシャーペンで2in1なのに、携帯用にポケットに入れるのが少し難しい感じになります。
芯の太さ0.5mm/0.3mm
グリップハードグリップ
消しゴム大きい

 

⑭安いのに消しゴムが大きい!コロレー(KOKUYO)

コロレー

ちゃおべん
消しゴムが大きくてペン先がしまえるのがこのコロレー。しかも値段も100円程度と安い!!
謎のロボット
コンビニで売ってるの見たことあるわ
モノグラフはペン先がしまえないのが難点ですが、このコロレーはペン先をしまうことが出来ちゃいます!!
そしてモノグラフより消しゴムのサイズが大きいです。
ただ、難点としては消しゴムが普通のシャーペンのものを大きくした感じであまり消しやすくありません。
また、シャーペンとしても正直なところイマイチ書きにくいと感じました。(この部分は個人差があると思います。)
あくまでも携帯用として1本ポケットに入れておくのがおすすめです。
芯の太さ0.5mm
グリップラバーグリップ
消しゴム大きい

⑮お洒落で安い!マルスグラファイト(STAEDTLER)

マルスグラファイト

謎のロボット
全身がラバーでおおわれている!?
ちゃおべん
そう!オシャレでいいよね。書き心地も中々Good!
モノグラフやコロレーほどではないけど消しゴムが大きいのがこのマルスグラファイト。全身がラバーでおおわれていて握りやすいです。値段も200円程度と安いので普通に消しゴムが大きいシャーペンを探している人にはおすすめ!
芯の太さ0.5mm
グリップラバーグリップ
消しゴム大きい

細すぎる!?0.2mmシャーペン3選

ちゃおべん
0.3mmのシャーペンは結構ありますが、世の中には0.2mmとかいうめっちゃ細いシャーペンもあります。
謎のロボット
え、0.3mmも0.2mmも大して変わらないんじゃないの?
ちゃおべん
そんなことないよ。下の図を見てみて!
0.3mmと0.2mmの比較
0.2mmと0.3mmと0.5mmのシャーペンの芯の断面図です。

芯の幅では0.2mmと0.3mmですが、芯の面積で言うと0.01mmと0.0225mmといった風に、2倍以上の差があります。

そのため、0.2mmのシャーペンは0.3mmの半分以下の力で書ける代わりに、0.3mmの倍以上折れやすいといえるでしょう

ただでさえシャーペンの芯って折れやすいのに、0.2mmにしちゃうなんて使い物にならないと思うかもしれません。

そんな常識をぶっ壊したシャーペンを紹介します。

通りすがりの立花孝志
通りすがりの
立花孝志
0.2mmシャーペンの常識を、ぶっ壊す!
謎のロボット
おいおい2019年話題の人が出てきたじゃねーか(笑)

⑯定番の0.2mmシャーペン!オレンズ(ぺんてる)

オレンズ

謎のロボット
あー、なんか聞いたことあるわ
文房具好きならきっと一度は聞いたことであるであろうシャーペンです。
0.2mmなので普通に考えると折れやすいのですが、なんと、「芯を出さずに書く」ことにより、ほとんど折れずに書くことが出来ます。
謎のロボット
え、芯を出さずに書くの!?すげぇ!
通りすがりのIKKO
通りすがりの
IKKO
どんだけ~~!
ちゃおべん
しかもこのシャーペンがすごいのは、シャーペンをノックせずに使えることです。
謎のロボット
なんだその弱点を完全克服した感
折れにくさに関しては実際に使ってみた僕の感想を言うとマジで折れません。ただ、たまに芯詰まりを起こしてしまいます。
それもメーカーであるぺんてるの想定内のようで、消しゴムの裏に芯詰まりを治すための針金(?)がついています。
0.2mm入門機としてどうぞ!あ、あと0.3mmや0.5mmのものもありますよ!
芯の太さ0.2mm/0.3mm/0.5mm
グリップラバーグリップ
消しゴム小さい

⑰高級版オレンズ!オレンズネロ(ぺんてる)

オレンズネロ

ちゃおべん
先ほどご紹介したオレンズはお求めやすいお値段でしたが、こちらは高級志向のオレンズになります
謎のロボット
高っ!
オレンズネロは通常のオレンズを徹底的に強くしたシャーペンです。その代わり結構高い・・・
なんと通常のシャーペンの2倍以上の部品を利用しており、書き心地を追求して様々な部分のバランスを調整しているようです。
重心はもちろん、芯を紙面に向かって押し出す役割をしている先端スプリングを強すぎず弱すぎず調整するなど、こだわりにこだわったシャーペンです。
文房具好きからの評価もとても良いです。
もちろん通常のオレンズの良さは受け継いでいるので、通常のオレンズを利用して、気に入ったらこのオレンズネロを購入するのがおすすめです。
芯の太さ0.2mm/0.3mm/0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

⑱丁度良い価格帯のオレンズ!オレンズメタルグリップ(ぺんてる)

オレンズメタルグリップ

ちゃおべん
通常のオレンズとオレンズネロの間の価格帯のオレンズです
謎のロボット
メタルグリップで低重心なのがポイント!
通常のオレンズじゃ物足りないけどオレンズネロは高い・・・
そんな方におススメなのがこのオレンズメタルグリップ!
オレンズネロのように隅から隅までこだわったシャーペンではありませんが、低重心設計なのでなかなか書きやすいです
メタルグリップは人によって好みが分かれるので、お店で触ってみるのが良いと思います。
芯の太さ0.2mm/0.3mm/0.5mm
グリップメタルグリップ
消しゴム小さい

謎のロボット
結局オレンズしか紹介してないじゃないか
ちゃおべん
他にもあったんだけど2019年11月現在発売されているのがオレンズだけなんだよね・・・今後0.2mmシャーペンが他に登場したら更新します!
ちゃおべん
ちなみに0.2mmの芯はぺんてる以外も販売しているから好きなメーカーのものを選んでOK!
謎のロボット
確かダイソーでも売っているの見たことあるぞ

日本ではあまり売ってない!?海外製シャーペン6選

ちゃおべん
日本の文房具は他の国と比べても品質が高いといわれています。
謎のロボット
確かにぺんてるもPILOTも三菱鉛筆もZEBRAも日本だもんな
ちゃおべん
そんな文具大国日本で文房具好きからの人気を誇る海外製シャーペンたちを紹介していきます。
謎のロボット
世界レベルのシャーペンってことか

⑲デザイン性抜群のシャーペン!LAMYサファリ(LAMY)

LAYサファリ

謎のロボット
なんか特徴的なシャーペンだな
ちゃおべん
そう!デザインにものすごくこだわって作られているんだって!
LAMYは1930年創業といわれているドイツの文房具メーカーです。
ボディのつなぎ目がほとんど分からないなど、デザインに徹底的にこだわられてできています。
ちゃおべん
個人的にはこのクリップの部分が好き!
日本でも文房具好きからの知名度は非常に高く、定番の海外製シャーペンとなっております。
ちなみにアニメ「けいおん!」で作中に登場することでも知られています。
ちゃおべん
プレゼントにもおすすめ!
芯の太さ0.5mm/0.7mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

⑳世界レベルの書き味!ジョッターコアライン(PARKER)

ジョッターコアライン

ちゃおべん
このシャーペンはまじでやばいです。やばいしか出てこない。初めて触ったとき感動しました。
謎のロボット
そんなに?
ちゃおべん
どういう仕組みなのかは知らないけどまるでボールペンを使っているかのようになめらかに書くことが出来ました。一度触ってほしい逸品です。
これは筆者一押しの海外製シャーペンです。クルトガみたいに特殊な機能がついているわけでもないのに書き心地が全然違うんです。
PARKERはイギリスの文房具メーカーで、主に万年筆やボールペンを製造しております。
軸の部分がプラスチックで出来ていて、軽いのですが、安定した筆記が出来ます。おそらくこの部分がこのシャーペンのすごいところなんだと思います。
デザインも世界中から高評価を受けています。
芯の太さ0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

㉑日本でも愛用者続出!製図用シャーペン925 25(STEADTLER)

STEADTLER 925 25

ちゃおべん
ステッドラーは日本の文房具店でもよく見かけるメーカーです
謎のロボット
たしかになんか見たことある気がするぞ!
今度は海外製の製図シャーペンです。製図シャーペンは製図にはもちろん、文字や図をきれいに書けるので、ノートにもおすすめです。(その代わり長時間筆記にはあまり向いていません。)
プロでも愛用する人が続出する人気の製図用シャーペンとなっております
もちろん日本製のぺんてるのグラフギアとかも書きやすいので比べて選んでみてください。(両方買うのもアリですけどね!)
先ほども述べた通り、文房具屋でもよく見かけるので、日本でも比較的入手しやすいと思います。是非実際に触ってみてくださいね。
芯の太さ0.5mm
グリップメタルグリップ
消しゴム小さい

㉒LAMYの最高傑作!LAMY 2000(LAMY)

LAMY 2000

ちゃおべん
正直に言います。僕はこのシャーペンを触ったことがありません
謎のロボット
おい・・・
ちゃおべん
だって海外製で日本でなかなか見つけられないうえに、めっちゃ高いんだもん。。。
ごめんなさい。僕はこのシャーペンを触ったことがありません。
じゃあ何を根拠におすすめするかというとネット上での評価です。
少なくとも僕がAmazonの評価を見たときはめちゃくちゃ高評価で絶賛されていました。(一応他の商品にもちゃんとレビューしている人たちばかりなのでサクラの可能性は低いと思います)
そんなわけで「欲しいなあ」って思っているシャーペンです。
先ほどご紹介したラミーサファリはデザイン性重視のシャーペンなので、書き心地もいいんですが、めちゃくちゃ良いわけではないです。
このLAMY 2000はラミーサファリを書き心地をさらに良くしたモデルだと勝手に理解しています。
いつか買ったらレビューします(笑)
芯の太さ0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

㉓精密さを極めた製図用シャーペン!ラピッドプロ(ロットリング)

ラピッドプロ

ちゃおべん
925 25に続いて二つ目の海外製製図用シャーペン。ラピッドプロを紹介します。
謎のロボット
文房具マニアって製図用シャーペン使っているイメージ
日本ではあまり知られていませんが、世界で大人気の製図用シャーペンです。
なんでも製図用シャーペンのことをメーカー名の「ロットリング」と呼ぶ人もいるとか・・・
実際に使ってみた感想ですが、「製図用シャーペン!」って感じがします。
ペン先のコントロールが非常にしやすく、きれいに文字を書くことが出来ます。書き心地も中々良いです。
また、ペン先の収納ができるのもポイントです。あと、個人的にノック感がすごく好きです。カチカチするのが気持ちい。
芯の太さ0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

㉔名前通りスペシャルな書き味!ペンシルスペシャル(KAWECO)

謎のロボット
ペンシルスペシャルってすごい名前のシャーペンだな
ちゃおべん
スペシャルペンシルだとなんか違う種類のペンになりそう(笑)
これを持っていたら中々マニアックだと思います。まあ普通にAmazonとかで手に入るんですが、他の人が使っているのを見たことがありません。
僕もこのカヴェコというメーカーを最近知りました。なんか変な名前ですよね(失礼)
この「ペンシルスペシャル」は1930年代の事務用ペンをイメージしてデザインされたそうです。レトロなデザインが好きな方にもおすすめ!
サラサラとした書き心地で、速記などにも向いています。
芯の太さ0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

中々使わないけどあったら便利?極太シャーペン4選

ちゃおべん
ここから鉛筆のように太いシャーペンを紹介していきます。折れにくくて便利!
謎のロボット
鉛筆でいいじゃん
ちゃおべん
確かにそうだけど、鉛筆削りが不要なのは大きいよね。マークシートを塗ったりするのに便利だから学生の方とかにおすすめ!
謎のロボット
なるほどね。鉛筆削り不要な鉛筆と考えると強いな

㉕定番の太芯シャーペン!鉛筆シャープ(コクヨ)

鉛筆シャープ
ちゃおべん
太芯シャーペンといえばこれ!
謎のロボット
ネーミングからも「鉛筆の代わりに使ってください」感すごいな
本当に鉛筆みたいに使えちゃうシャーペンです。替え芯と替え消しゴムがついているセットもあるので最初はセットで買うことをおすすめします。
あとちなみにこの鉛筆シャープですが、シリーズ化されていて、普通の鉛筆シャープの他に鉛筆シャープTypeS、鉛筆シャープTypeM、キャンパスジュニアペンシルがあります。それぞれ下にリンクを載せておくので気になる人は見ていってください。
芯の太さ0.7mm/0.9mm/1.3mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

㉖安くいのにカッコいい速記向け!プレスマン(プラチナ万年筆)

プレスマン

ちゃおべん
この記事で二度目のプラチナ万年筆登場!個人的に好きなメーカーです
謎のロボット
たしか前回はグラマーソフトの紹介だったな(プニプニしてるやつ)
プラチナ万年筆はぺんてるやPILOTなどと比べるとあまり文房具屋では見かけないメーカーですが日本のメーカーです。やっぱり文房具に関しては日本強いですね。
あと、ダイソーでもたまにプラチナの文房具置いてあったりしますよ!
このプレスマンは速記向けのシャーペンです。ターゲットとしては新聞記者などの速記が必要な人なんですが、学生の方、特に受験生の方も速く書けるシャーペンは需要があるのではないでしょうか。デザインもカッコよくてお値段も安い!!
買って損はない一本です。
自分自身の受験の時もそうでしたが、受験って科目によっては時間との戦いになるんですね。そんなときに速く書けるシャーペンがあれば少し有利になるかもしれません。
ちゃおべん
受験生にはこのような太いシャーペンもおすすめですが、文字が小さく書ける0.3mmや0.2mmも限りある計算スペースを有効活用できるのでおすすめですよ。いろいろな太さのシャーペンをそろえたいですね。
芯の太さ0.9mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

ちなみに、このプレスマンには芯の交換が少なくて済むように、専用の長い芯が発売されています。プレスマンを使うのであれば専用の芯のご購入もおすすめします。

㉗鉛筆のなつかしさをもう一度!大人の鉛筆(北星鉛筆)

大人の鉛筆

ちゃおべん
鉛筆メーカー「北星鉛筆」が出した太芯シャーペン!それが大人の鉛筆です。
ちゃおべん
ボディが6角形の木で出来ていて鉛筆に近い感触で使えます。
謎のロボット
画像右下にある附属品は何だ?
ちゃおべん
それは大人の鉛筆削り。これを使って削れば、削りたての鉛筆のように尖った状態で使えます。
謎のロボット
「大人」ってついているとワクワクするよな。大人のふりかけとかもそうだけど
徹底的に鉛筆に近いことにこだわられたのがこの「大人の鉛筆」。木製のボディが良く手になじみ、柔らかい書き心地を体験できます。
おそらく多くの人が「懐かしい」と感じるのではないでしょうか。
筆者も普段使いにするのにはちょっとどうかなあと思いつつも(削るのが面倒なので)、書き心地はすごくいいと思いました。
芯の太さが2mmなので、0.9mmとかよりも断然太いです。一応僕が知る限りでは、2mmがシャーペンの芯で一番太いです。
一説によると、鉛筆を使った方が学習効果が高いというのもありますよ。筆者は信じていませんが(おい)
一応リンクを載せておきますね。
educa

小学校や中学校では「シャーペン禁止!!鉛筆を持ってきましょう」 って言われていることが多いと思います。 でも、どうして?…

鉛筆に一番近いシャーペンとして使えると思います。
芯の太さ2mm
グリップ
消しゴム小さい

ついでに大人のふりかけのリンクも載せておきます

謎のロボット
あー大人のふりかけ飲みたくなってきた
ちゃおべん
ふりかけを飲んでる時点で大人じゃないだろw

㉘2mmの太さが100円で!2mmシャーペンセット(ダイソー)

2mmシャーペンセット(ダイソー)
引用元:https://rocketnews24.com/2018/02/03/1015920/
ちゃおべん
なんとダイソーでも2mmシャーペンが買えちゃう時代になりました!!!!
謎のロボット
替え芯までついてこれで100円でいいのか?
ちゃおべん
消費税入るから110円だけどね
謎のロボット
細かいことでツッコむな。てか2019年意識しすぎだろ(笑)
中学生時代、僕は文房具の大半をダイソーでそろえていました。ダイソーって本当に何でもあるんですよね。
シャーペンも様々な種類があって、品質を気にしなければ筆箱の中身全部揃っちゃうくらいです。
品質を気にしなければって言いましたが、品質も中々良かったりします。僕は5年前くらいに100均で買ったシャーペンをいまだに使っています。
そんな100均文具ですが、2mmのシャーペンまであるから驚きです。
大人の鉛筆同様、芯削りがついています。というかキャップが芯削りになっているのでもち運びにも便利。
書き心地も良くもなく悪くもなくって感じです。2019年10月から増税されて110円になりましたがそれでも安いので2mmシャーペンを試してみたい方は是非ご購入ください。
芯の太さ2mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

その他のおすすめシャーペン8選

ちゃおべん
これまで様々なテーマでおすすめシャーペンを紹介してきましたが、どのテーマにも入らないおすすめのシャーペンがあるので紹介していきます。
謎のロボット
ボクが愛用しているシャーペンがまだ出てきてないと思ったらそういうことだったのか

㉙低重心&木製グリップで書きやすい!S20(PILOT)

PILOT S20

ちゃおべん
1000円~2000円くらいで買えるシャーペンです。この価格帯はぺんてるが強いですが、PILOTも負けていません。
謎のロボット
S20ってスマホの型番みたいだな
ちゃおべん
S20の特徴は何といってもその木製グリップ。使えば使うほど味が出てきます。
謎のロボット
シャーペンって普通古くなると捨てちゃいたくなるけど、これだったら長く使えそう!
木製グリップシャーペンと言ったらこれです。鉛筆の握り心地が好きな方とか結構気に入ると思います。
また、低重心設計なので、ペン先のコントロールがしやすく、きれいに文字を書くことが出来ます。
プレゼントやノベルティにもおすすめ!
芯の太さ0.5mm
グリップ
消しゴム小さい

㉚クルトガの正当進化版!クルトガアドバンス(三菱鉛筆)

クルトガアドバンス

シャーペンのド定番、クルトガの正当進化版のクルトガアドバンス。従来のクルトガと比べて様々な部分が進化しています。

ちゃおべん
一番ポイントなのが、従来のクルトガと比べて2倍のスピードで芯が回ること
謎のロボット
目が回りそうだ
芯が二倍のスピードで回るのが一番のポイントですね。従来のクルトガでは満足できない人におすすめ。
また、字がきれいに書けるようにボディの重心を調整しているようです。
ノート用に最適なクルトガかもしれません。
その一方で、二倍のクルトガエンジンが少し速いと感じる人もいます(筆者もその一人です)
なので、こちらの方が完全に良いわけではなく、普通のクルトガと比べて選ぶべきです。
ちゃおべん
ネットで買うとかなりお安く買えるので、値段的には普通のクルトガとそこまで変わりません。
芯の太さ0.5mm/0.2mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

㉛2019年発売!最強の高級シャーペン PLOTTER (KNOX)

PLOTTER ツイスト式シャーペン

ちゃおべん
これ、Amazonで気になったから奮発して買ってみたけどかなり良いです。
謎のロボット
聞いたことないメーカーだけど日本のメーカーなんだな。日本すごい・・・
これまで学生向けということもあり、高級シャーペン(特に5000円を超えるもの)は敬遠してきましたが、ごめんなさい、このシャーペンはどうしても紹介したいです。
2019年の3月に発売されたシャーペンで、気になって買ったのですが、想像以上に良いペンです。
何というか、普通に書き心地が良い。
特殊な機能といえば、ツイスト式でひねって芯を出すことが出来るくらいですが、その代わり書き心地が良いです。
ネットでの評判も良く、Amazonのレビュー欄では、
ロットリング800、ラピッドプロ、カヴェコスペシャル、LAMY2000のいいとこ取りを後だしじゃんけん的に作られたのが、この製品ですね。(要約)
などと言われているくらいです。(詳しくはレビュー欄を見てみてください。)
この意見には非常に共感出来て、様々なシャーペンの良さをうまい具合にいいとこ取りしていると思います。(その代わりお値段は結構しますが)
ちょっと高くても良いものを求めている人には自信をもってこのシャーペンをお勧めします。
というかこんないい商品をブログの最後の方に持ってきてよかったんだろうかって思っています(笑)
書き心地といいデザインといい完璧です。
芯の太さ0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

あ、ちなみにボールペンもあるのでついでにおススメしておきます。

㉜レアだけど使いやすいサイドノック!ピアニッシモ(ぺんてる)

ピアニッシモ

謎のロボット
またしてもぺんてるかぁ・・・ぺんてる強いな
ちゃおべん
確かにぺんてるは品質においてもラインナップにおいても最強のシャーペンメーカーかもしれませんね。
ちゃおべん
そんなぺんてるから出たサイドノック式のシャーペンです。結構レアなのでお早めに!
サイドノックは画像のようにボディの横の部分にノックする部分がついている構造のことです。
通常のシャーペンは上の消しゴムの部分をカチカチする感じですが、上の部分まで手をのばしてカチカチする手間を省けるのがこのサイドノックのメリットです。
上の部分をノックせずに済む機構としては他にフレフレ機構がありますが、シャーペンを振っていると、振り方にもよりますが、周りから変な目で見られるので、スマートにノックるのであればサイドノックがおすすめです。
結構便利なんですが、なぜかは知りませんが、文房具屋に全然置いていません。
入手するのが少し難しいシャーペンです・・・
謎のロボット
でもこの前サイドノック式のシャーペンがダイソーにおいてあったぞ
100均、恐るべし
芯の太さ0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

㉝フレフレ機構のON/OFFを切り替えられる!Tect 2way(ZEBRA)

テクトツーウェイ

謎のロボット
キタキタキターーー!!!僕が愛用しているシャーペン!!!
ちゃおべん
そうなんだ。このシャーペン面白いよね
謎のロボット
そう!!一見いらないように見えるけどフレフレの切り替えが便利!
テクトツーウェイって何が2wayなのかって言うと、フレフレ機構のONとOFFです。
フレフレは便利ですが、その一方で重心が安定せず、製図用には向きません。
このシャーペンは、フレフレを切り替える機能を付けることで、普段使いにも製図用(ノートをまとめるのとかにも使えますよ!)にも使えるようにしたシャーペンです。
シャーペンとしての書き心地も中々良いので、2本シャーペンを持ったような気分になるお得な一本です。
芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

㉞めっちゃ細くてコンパクト!手帳用におすすめ!ミニモシャープ(OHTO)

ミニモシャープ手帳用

ちゃおべん
これでシャーペンとして使えるのが驚きの細さのシャーペンです、手帳用におすすめ
謎のロボット
え、細っつ!細っ細っ細っ細っ細っ細っ・・・
ちゃおべん
ついにバグったか
皆さんは手帳とか持ってますか?僕は一時期持ってましたが最近は面倒くさいのでもってません(おい)
手帳をもっている几帳面な皆様におススメする手帳用シャーペンがこれ
とにかく細いです。手帳に挟んでもかさみません。
書き心地も悪くないです。もちろん細くて握りづらいところはあるので普段使いにはおすすめしませんが・・・・
学生の皆様はノートに一本挟んでおくのもおススメ!
芯の太さ0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

㉟持ちやすさを科学したシャーペン!ニュースパイラルCC(ZEBRA)

ニュースパイラルCC

ちゃおべん
持ちやすいシャーペンといえばドクターグリップですが、その対抗馬(と勝手に理解しているシャーペン)がこのニュースパイラルCCです。
ちゃおべん
グリップも柔らかくていいんですが、何といってもその魅力はグリップの上のボディの部分!人間工学に基づいて握りやすいように作られているそうです。
謎のロボット
ってことはこのシャーペンにドクターグリップのグリップのグリップを付ければ最強になるんじゃない?
ちゃおべん
その発想はなかった!
初めてこのシャーペンを見たときは「なんじゃこの形は!!」って思いました。しかし使ってみると、驚くほど手にフィットするんです。
なんでも早稲田大学の教授とZEBRAが人間工学に基づいて共同開発したシャーペンだそうです。
シャーペンまでも科学するって令和って感じですよね。発売されたのは2019年より前ですが・・・(笑)
透き通っているクリアなデザインも魅力
芯の太さ0.3mm/0.5mm/0.7mm
グリップソフトグリップ
消しゴム小さい

㊱最強のシャーペンが作れる!?ハイテックCコレト(PILOT)

ハイテックCコレト
謎のロボット
え、これって自分で芯を選んで作れる多機能ペンじゃなかったけ
ちゃおべん
そう!だけどね、僕は高校生時代ある使い方をしてある意味最強のシャーペンを作ってたから紹介するね
ハイテックCコレトはリフィルを自分で選んで好きな多機能ペンを作れる楽しさいっぱいの文房具です。
もちろんシャーペンのリフィルもあります。
これをある意味最強のシャーペンにする方法を紹介します。
まず、4色ボディのハイッテックCコレトを買います。
そして、0.3mmシャープと0.5mmシャープのリフィルをひとつずつ、2.0mmの消しゴムリフィルを二つ買います。
それで、4つのリフィルをセットし、消しゴムリフィルの片方には2.0mmのシャープ芯を入れます。(もしもやるなら自己責任で)
すると、0.3mm、0.5mm、2.0mmの3つの太さが選べて消しゴムもついている超便利(?)なシャーペンが出来上がります。
本当は0.7mmとかも入れたかったんですが、公式のリフィルがないのでしょうがないです。
中には0.5mmのリフィルを改造して0.7mmにする強者もいるようですが、僕はそこまで器用ではないので諦めました(笑)
複数の太さを一本で楽しめるのでお勧めです。あとは話のネタにもなりますね(笑)

ちなみにこの最強のシャーペンは広島東洋カープのグッズの赤赤赤ボールペンにインスパイアされて作りました。
これは全部太さが違う赤の多機能ペンです。↓詳しくはこちら

㊲とにかく軽い!PG5(ぺんてる)

ぺんてる PG5

ちゃおべん
とにかく軽いシャーペンです。その重量はなんと9.5g!およそ10円玉2個分の重さです。
謎のロボット
低重心設計で重量感があるシャーペンもいいけどここまで徹底的に軽いシャーペンもいいよな
低重心設計のシャーペンは線や文字をきれいに書くことに向いていますが、軽いシャーペンにも良いところがあります。
それは疲れにくく、長時間の使用に向いているということです。学生の方は特に長時間の勉強のお供におすすめです。
とにかく軽いです。その良さを生かすためにも芯は1本のみ入れましょう(細かい)
芯の太さ0.5mm
グリップハードグリップ
消しゴム小さい

 

結局どのシャーペンがおすすめなのか4つに絞ってみた!

謎のロボット
様々な視点からおすすめのシャーペンを紹介するのはいいけどさすがに37個は多いんじゃない?
ちゃおべん
それは自分でも思った!(笑)
ちゃおべん
というわけでここからは今まで紹介したシャーペンの中でも特におすすめかつ万人向けのものを4つに絞って紹介します。
ちゃおべん
まずは一つ目!スマッシュ

ちゃおべん
これはやっぱり外せません!個人的にはグラフギアの方が好きだったりしますが、万人受けするのはこっちです。「ちょっといいシャーペンを使いたい」って方はこれを買いましょう。
ちゃおべん
そして次!オレンズネロ!

ちゃおべん
やっぱりシャーペン好きなら1本は0.2mmを持っておくべきです。特にこのオレンズネロは書きやすさと便利さが両立されていて素晴らしい!
ちゃおべん
そして3つ目!ジョッターコアライン

ちゃおべん
とにかく書き心地抜群の海外製シャーペンです。僕ははじめてこれを触ったとき「本当にシャーペンなのか」疑ったレベル
ちゃおべん
そして最後!PLOTTER!

ちゃおべん
ちょっと高いけど2019年発売の最新最強のシャーペンです。様々なシャーペンの良さをいいとこどりした感じ。1本買って家宝にしましょう(笑)
ちゃおべん
ここまで特におすすめで万人向けのシャーペンを4つ紹介しましたが、他にも様々な特長のあるシャーペンを紹介しているので読み飛ばしてここまで来た人は是非本編も見てくださいね!

【おまけ】おすすめのシャープ芯

ちゃおべん
せっかくいいシャーペンを使うなら芯にもこだわりたいですよね
謎のロボット
おいおいまさか「おすすめのシャープ芯37選」とかやる気じゃないよな?
ちゃおべん
しないしないwww
ちゃおべん
どの芯を使えばいいか迷っている人に一つだけ僕からおススメさせていただきたいと思います!

シャープ替芯はAinのBがおすすめ

ちゃおべん
まあちょっと個人的な感覚も入ってますが、AinのBが一番バランスが取れていて書きやすいと思います。
Ainはぺんてる独自のシュタイン構造による折れにくさを売りにしているシャープ芯で、本当に折れにくいです。特にデルガードとかとは相性が良いと思います(メーカーは違いますが)
書き心地も滑らかで、消しゴムでも消しやすいです。
個人的には固さはBくらいが芯の減りにくさと文字の濃さのバランスが取れていて良いと思います。
ちゃおべん
とは言え他の替芯もいいものがたくさんあるのであくまでも迷ったらこれにしとけって感じです。あくまでも参考程度に!

まとめ

  • シャーペンは芯の固さ、グリップ、重さや重心、消しゴムに注目して選ぼう!
  • 37個シャーペンを紹介したのでその中から自分にあったものを探してみよう!
  • 迷ったらスマッシュ、オレンズネロ、ジョッターコアライン、PLOTTERがおすすめ!
  • 替芯は迷ったらAinのB!

ここまで長い記事を読んでいただきありがとうございました。

それではより良いシャーペンライフを!